【All Japan ナチュラルチーズコンテスト/特別審査賞・金賞・優秀賞・特別賞他多数受賞】

夢民舎 ブルーチーズはやきた
【All Japan ナチュラルチーズコンテスト/特別審査賞・金賞・優秀賞・特別賞他多数受賞】
当社のブルーチーズは、早来町内の牧場で絞られた牛乳と自然塩、フランス直輸入の青カビだけを原料としております。

ブルーチーズの味は日本人にはやや好き嫌いが分かれるのですが、当社のブルーチーズチーズ本体の味をカマンベールに近いものにすることによって青カビの癖を押さえ、風味を良くすることによって日本人好みの風味を作るようにしております。

ブルーチーズは本場フランスでは「チーズの王様」と呼ばれる存在であり古くから愛されてきたチーズです。

その製造方法は、牛乳をカードとホエーに分離した後、カードを固める際にペニシリウム胞子と言う青カビの菌糸を混ぜ込んでから熟成させるため、表面に青緑色~濃い青色の大理石模様が現れるのが特徴です。

刺激性のある香りとピリッとした刺すような味を持っています。

夢民舎 ブルーチーズはやきたの調理例
夢民舎 ブルーチーズはやきたの美味しい食べ方
チーズの中で、最も食べごろが大切と言われています。熟成によって風味が変わってくるので、パンも熟成が進んでないものは味の濃いライ麦パンが合います。果物にはリンゴやブドウと言ったものの相性が最高です。食べる前に20分ほど室温に戻して食べましょう。

お酒のおつまみとして食べる場合は、やはり一番相性のいいものはワインでしょう。軽い赤ワイン、あるいはフルーティな系統の赤ワイン。コクのある辛口の白ワインなどがベストですが、 辛口のとろっとした味の純米酒も意外とお勧めですよ。

苦手という方も多いブルーチーズを食べやすくクリーミーに作りました。