TOKYO FMとJFN38局(北海道ではAir-G)が全国のFMネットワークを生かし、地域活性と防災滅災の「いま」をお伝えする番組「ヒューマンケアプロジェクト」(毎週月~金6:25~6:30オンエア)で、今週は弊社、夢民舎を取り上げてご紹介いただきました!皆さま、機会があれば是非ご視聴くださいね!

詳しくはこちら ⇒ https://www.tfm.co.jp/lh/index.php?itemid=143653

 

以下「ヒューマン・ケア・プロジェクトHPより転載】

復興グルメシリーズ~北海道編「はやきたチーズ工房夢民舎」

今週の『LOVE & HOPE』は「復興グルメシリーズ~北海道編」ということで、北海道胆振東部地震で震度6強を観測した安平町のチーズ工房、「はやきたチーズ工房夢民舎」のレポートをお届けします。

「夢民舎」は創立から28年。酪農と乳製品づくりが盛んな北海道にあって、若いほうのチーズ工房ではありますが、大手航空会社のファーストクラスの機内食にも採用されるなど、その品質と味わいは高い評価を得ています。

まずはどんなチーズ工房なのか?を、副社長の吉川絵理子さんに伺いました。

◆日本のチーズ量産発祥の町
「うちの「夢民舎」っていうのが、夢見る民の舎と書いて「むーみんしゃ」って読むんですけど、平成2年に私の父である社長が、町にもう一度チーズの灯火を点したいっていう思いで、仲間を募って始めた会社なんですね。安平町ていうのが昭和8年に日本で初めて大規模なチーズ工場が行われた町でして、それが工場が老朽化したってことで大樹町に移転してしまって、チーズ作りの製造の町として一瞬、“消えてしまった”そうなんです。それを残念に思っていた父が、町の町長と掛け合って、じゃあもう1回この町を・・・当時は早来町だったんですけれども、チーズの町としてもう一度盛り上げたいって言って、それで会社を設立したんです。なので商品名にも「はやきた」ってひらがなでつけて、チーズを通じて町も知ってもらって、町の活性化にもつなげていきたいんだ!ってことを父が言ってました。もともとはお菓子製造をしてたんですよ。その後に「レストランみやもと」をはじめて、で、チーズをやっぱりやりたい!ってことで、50歳からのスタートだったんですけど、雪印さんの技術者にチーズ製造を教えてもらいながら、本当に初心者というかゼロから始めたって言ってました。苦労したって言ってました~。」

合併して安平町になる前の“早来町”が、じつは日本で初めてチーズの量産が行われるようになった町。その伝統を絶やすまい!と設立されたのが「夢民舎」ということでした。50歳で思い立ってチーズ作りを1から始めたお父さん(現社長)は、もともと「レストランみやもと」を家族で営んでいましたが、雪印でチーズ作りを学んで会社を立ち上げ、今や多くのファンを抱えるチーズ工房に育てあげました。現在その「みやもと」でもチーズを販売し、とくにカマンベールチーズを使った濃厚コク旨のソフトクリームは大人気商品の一つなのだとか。

そして「夢民舎」の数ある商品の中でもとくに人気なのが、看板商品でもあるカマンベールチーズ「はやきた」と、クリームチーズとブルーチーズをブレンドした「ダブルチーズ」。


とろける舌触りと濃厚でまろやか、それでいてクセのないカマンベールチーズは、あの高倉健さんも毎月取り寄せていたんだとか!

そこで今週は、毎日3名様に、この「夢民舎」の人気商品2トップ、カマンベールチーズ「はやきた」と「ダブルチーズ」をセットにしてプレゼントします!

ご希望の方は、こちら『LOVE & HOPE』ブログのメッセージフォームから「夢民舎のチーズ希望」と書いてご応募ください。当選者は後日ブログで発表、そしてプレゼントの発送は今月末か来月上旬になります。なぜそんなに遅くなるのか?というと、そう、地震の影響で一時生産がストップして、いまチーズの“熟成待ち”の状態なんですね。熟成し次第、最高に美味しい状態でお送りします。

そしてそうした震災の影響や復活までの歩みについても、明日以降の『LOVE & HOPE』でお届けしていきます。